AOR Old Days

 AOR Museum


確実な技術に裏付けられた「いつも高性能」といわれた AOR製品
その魅力は、かつては、ユーザーと同じように「実際に製品を使う技術者」が
社内や開発部門にいたことの証明です

送り出す製品によって、ホビーとして役割のほか、
社会の様々な分野で価値を創出してきた歴史がここにあります

このコーナーでは、おもな弊社製品の足跡を皆様にご紹介します


AR240A AR240A    1978年発売

144MHz帯FMハンデイトランシーバー。5kHzステップで144MHz〜146MHzの400チャンネルをフルカバー。 

ハンディトランシーバーながら、当時先進技術のPLLシンセサイザーを搭載。 自動電子同調トラッキングにより送受信とも高性能を実現。

この頃からのエーオーアールファンとおっしゃるお客様も沢山いらっしゃいますよね。

TR720 TR720    1983年発売

118MHz〜136MHz(COMバンド)と、108MHz〜118MHz(NAVバンド)をカバーするポータブル・エアバンド・トランシーバー。 強靭なABS樹脂製の本体はハードな使用を想定して採用。 

アメリカ、ドイツで、大ヒットを記録したこの機種は、日本でも非常時のバックアップ機器として現在も使用される実績と高信頼性を誇っています。

AR2001 AR2001    1984年発売

25MHz〜550MHzをNFM/WFM/AMモードで対応した広帯域受信機の先駆けとなった機種。

大型LCDと操作性のよいキーボードによって優れた操作性を実現。
フロントパネルを斜めにして、視認性と操作性を確保したエーオーアールスタイルは、この機種からはじまりました。

メモリチャンネルは20チャンネル。 OEM 製品として外国ブランドとしても数多くの台数が生産された名機。

AR180 AR180    1984年発売

インターナショナル・マリン・バンドをフルカバーしたVHF/FMトランシーバー。

海上での使用を想定し、防水機能を装備。
バッテリーを含めて550gと、機動性に優れた軽量設計。

この機種も、現在使用しているユーザーおり、アメリカやヨーロッパの展示会ではユーザーから、「まだ使えてるよ」と、嬉しいコメントをいただいています。

AR280 AR280   1984年発売

140MHz〜150MHzをカバーした(150〜160MHz又は160〜170MHzバージョンも用意)VHF/FMトランシーバー。

出力5Wを実現しながらも、。わずか530gの軽量・小型設計。

アマチュア無線用に限らず、世界の様々な業務ユーザーにも採用された、AR280 は、地味ながらも歴史的な生産台数を記録しています。

AR33 AR33    1985年発売

140MHz〜170MHzの通信用FM BANDを5kHzステップで連続カバーするポケッタブルなレシーバーです。

周波数設定ダイアルはサムホイールスイッチを採用、シンプルな操作を実現。特にアメリカで業務用途に多用されました。

いまでも、この機種の後継機種として、高感度な単機能受信機を求める声が多いのは、この機種の受信機としての優秀さを証明している・・・と思っています。

AR2002 AR2002    1985年発売

25MHz〜550MHzに加え、800MHz〜1300MHzまでをカバーした受信機。
NFM/WFM/AMに対応。

メモリチャンネルは20チャンネルながら、現在でも高性能機として通用する基本性能を持っていました。弊社では、この機種からシリアル通信機能を受信機に持たせていました。 特にピュアな受信音質は、今でも高い評価を得ています。 また、初めて GHz 帯をカバーする広帯域受信機となりました。 LCDには、AR2001より更に多くの情報を表示し、操作性の良いキーボードと相まって操作性を更に向上しています。

AR3000 AR3000    1988年発売

100kHz〜2036MHzをオールモードで完全連続カバーした受信機です。
外部パソコンコントロール用にRS-232Cインターフェースを内蔵。

メモリチャンネルは当時としては大容量の400チャンネルの大容量を実現。後発のAR3000A との発売時期が近かったため、生産台数が少ないのが特徴です。意図せずして、今では非常に希少価値の高い機種となりました。

ar3000a-S.jpg AR3000A    1989年発売

100kHz〜2036MHzを、SSBを含むオールモードで完全連続カバーした受信機です。 外部パソコンコントロール用にRS-232Cインターフェースを内蔵しており、 メモリチャンネルは当時としては大容量の400チャンネルの大容量と高速スキャンを実現。

先発のAR3000 から、LCDを大型化し高い操作性を実現しています。 基本性能は、航空機に搭載されたり航空管制モニターに使用されたりと、抜群の性能を持っています。
それゆえ、約5万台が世界に出荷されています。

AR3030    1993年発売

30kHz〜30MHzを、オールモードで完全連続カバーしたゼネカバ受信機です。 コリンズ製のメカニカルフィルタを標準搭載しており、ロックウェル社から、Collins Inside ロゴの認定された実力機です。 VHFエアバンド用のVHFコンバータ(VHF3030)を搭載すると、エアバンドの受信も可能となって、広帯域受信機とは違う専用機の高品位受信を楽しめました。

クラシカルなデザインDDSを駆使した受信機回路を収めた意欲作です。 使用部品の多くを、あえてディスクリート部品で構成している珍しい機種なので、いまでも中古市場での人気は、かなり高いと聴いています。
ar3030-S.jpg

ar8000-S.jpg AR8000    1994年発売

530kHz〜1900MHzを、SSBを含むオールモードで完全連続カバーしたハンディ受信機です。 ハンディ機ながら、シリアルインターフェースをもち、専用インターフェース(CU8232)経由で、パソコンとの接続やAR8000同士でデータコピーなどを実現しました。

メモリチャンネルは大容量の1000チャンネルで、バンドスコープのほかにも、多彩な受信機能を搭載しており、当時のハンディ受信機の新しい形を確立しました。 また、入力した受信周波数によって、受信モードと周波数ステップを自動設定する「オートモード」を初めて搭載した機種となりました。

1997年にはスケルトンブルーボディで、クリアモデルを限定生産し、人気を得ました。後発機種のAR8200 が発売された後も、根強い人気を誇り、2000年には遂に限定再生産が行なわれたこともあります。

オリジナル型のAR8000としての生産台数は8万台を越え、OEM供給の特注派生モデルも数千台が輸出されています。

 

home.gif