1. ホーム>
  2. お役立ち情報>
  3. PERSEUSでSDRを楽しもう!

お役立ち情報media

2017月08月21日

受信機

PERSEUSでSDRを楽しもう!

0 0 0 0

無線通信のデジタル化が進むとともに注目度が高まっているSDR(Software Defined Radio)ですが、その先駆けとも言えるソフトウェア受信機がPERSEUS(ペルセウス)です。ペルセウスは、VLF, LF, MF, HF帯の10kHz〜30MHz(最高40MHz)をカバーし、ダイレクト・サンプリング方式を採用して、最大1600kHzの帯域幅で電波を記録できます。

特徴は、14ビット80MSPS/s (サンプリング毎秒)のアナログ・デジタル・コンバータ、高パフォーマンスのザイリンクスSpartan-3E FPGA(Field Programmable gate Array)によるデジタル・ダウン・コンバータ、ベースバンド処理のための高速 480Mbit/s USB 2.0 PC インターフェースの採用です。

 

PERSEUSの基板

 充実のフロント・エンド特性

ペルセウスの高周波アナログ・フロント・エンドは、厳しいお客様にご満足いただくため、注意深く設計されています。 そのために、厳選された回路構成とコンポーネントの採用、受信環境に合わせて選択可能な10dBステップの0〜30dBアッテネータ、10バンドのプリセレクション・フィルタ・バンク、そしてこのクラスでは最高の30dB以上のIP3(3次インターセプトポイント)特性の高ダイナミックレンジ・プリアンプを備え、SSB受信において100dBm以上のダイナミックレンジ(IMD3特性)を確保しています。

ペルセウスは電波をデジタルI/Q信号として出力し、Windows PC上のソフトウェアで信号の処理と受信機の制御を行います。録音感覚で、バンド丸ごとの記録と再生ができます。オーディオ・レベルでの録音では、複数波の同時録音には複数台の受信機と録音装置が必要でしたが、デジタルI/Q構成のペルセウス受信機はデジタル化されたIF帯域の情報を最大1600kHzの帯域幅でそのままPCへ出力することが出来、VTR/DVDの感覚で記録した帯域を再度受信し、信号を異なる検波モードやフィルターで繰り返し処理することが可能になりました。

アンテナは、BNC-Jを使用していますが、必要に応じてペルセウス付属のBNC-PL259(M)変換コネクタを使用してください。

電源はペルセウス付属の5V スイッチングACアダプターを使用します。

オーディオは、PCに内蔵されたサウンドカードまたはオン・ボードのオーディオ回路を使用します。良好なオーディオアンプとスピーカシステムの使用をおすすめします。

Perseus Softwareご購入前に

ペルセウスをご購入する前にご使用を予定されるPCで既に記録された放送や通信のファイルを再生し、ペルセウスの素晴らしさを体験して頂くことができます。 ペルセウスの体験版のソフトをダウンロードし、ファイルを展開後デスクトップへコピーするだけの簡単な操作です。インストーラーは関与していないプログラム構成ですので安全にコピー、消去が可能です。
注:デモ用のV5ソフトウェアは完全に無料ですが、いくつかの制限があります
・リアルタイムモードでの同調範囲は、13.6MHzと14.2MHzの間の周波数に制限されています
・ソフトウェア設定は異なるセッション間で保存されません
・ネットワークモードは無効です
・ズーム機能は無効です

ペルセウス体験版 V5 アルファ・リリース デモ・バージョン
(Microtelecom社のホームページからダウンロードします)

PERSEUS Version 5 demoは、無料のデモバージョンであり、あらかじめPERSEUS受信機のプレーバックモード(ファイルを再生するモード)で操作を体験して頂くことができます。デモバージョンはPERSEUS受信機無しでも記録ファイルの再生が可能です。USBドライバのインストールは不要です。ライセンス申請も不要です。
PCのデスクトップなど(システム領域などセキィリティ制限のある場所を除く)任意の場所で、ダウンロードしたZIPファイルをすべて展開し、フォルダ内の「perseusv5demo.exe」を起動することで、プレーバックモード(ファイルを再生するモード)で体験することが可能です。

サンプルファイルは Microtelecom社より提供の下記のファイルをダウンロードして下さい。
 なおダウンロードされたWAVファイルは必ずハードディスク上において頂き、ファイル再生して下さい。ファイルの再生状態はご使用のPCがPERSEUSで使用できるかのおおよその目安となります。 

注:ファイル名は WAVとなっていますが、一般のメディアプレイヤーとの互換性は有りません。

ファイル名 内容 サイズ
6025_000.wav 6MHz (49mバンド) 放送 26.3MB
6100_000.wav 6MHz (49mバンド) 放送 31.8MB
bbcdrm13810_000.wav 13.810MHz BBC DRM放送 43.2MB
sporadicE28500_000.wav アマチュア無線 28MHz帯 Eスポ 258MB
cwbeacons28250_000.wav アマチュア無線 28MHz帯 CW ビーコン 200MB
phasenoisetest-xosc_125ksps.wav 位相雑音試験 4.26MB
imdtest-7050-27dBm_000.wav IMD試験 21.9MB
testautonotch14250_000.wav オート・ノッチ試験 95.1MB
0 0 0 0
ページトップ