1. ホーム>
  2. 受信機>
  3. 製品一覧>
  4. ソフトウェア>
  5. AR-IQ3 デジタルI/Q記録再生ソフトウェア+ライセンス

受信機Receivers

ソフトウェア

AR-IQ3 デジタルI/Q記録再生ソフトウェア+ライセンス

AR-IQ2から以下の内容が進化しました。
・ウィンドウサイズを最大2560×1400ピクセルまで調整することが可能
(AR-IQ2はサイズ固定)
・スペクトラム/ウォーターフォール表示のリフレッシュレートを高速化
・ウォーターフォール表示品質を向上
・受信周波数6GHzまで対応
【対応受信機】デジタルIQユニットを搭載した AR2300、AR5001D、AR6000 

【商品構成】・AR-IQ3 ・1ライセンス(USBドングルKEY)

【ご注意】
・本製品はライセンス品のためメーカー直販(AOR DIRECT)のみの販売となります。

・本製品はIQ5001に付属しているソフトウェア+1ライセンスとなります。
 追加で必要な場合のみお求めください。
・旧バージョンAR-IQ2のライセンスおよび記録ファイルとは互換性がありません。AR-IQ2をお持ちの場合でも新たにお求め頂く必要があります。

商品コード:AR-IQ3 USB KEY

  • 特徴
  • 主な機能
  • 仕様
  • オプション

デジタルI/Qデータ専用ソフトウェア

AR-IQ3は別売デジタルIQ出力ボードを搭載した受信機AR2300,AR5001D,AR6000用のソフトウェアです。SDRの先駆けであるPERSEUSの開発元microtelecom社により開発されました。

受信機のハードウェアで構成された回路に変わり、パソコン上のソフトウェアでより自由に調整できるパスバンドフィルタや受信データの記録再生など様々なコントロールができる画期的なソフトウェアです。

デジタルI/Qデータの記録と再生

AR-IQ3の最大の特徴でもあるデジタルI/Qデータの記録と再生操作は簡単です。ビデオの録画と同じように、記録ボタンをクリックしてファイル名を指定するだけで記録が開始。記録されたデータはAR-IQ3でそのまま再生することができます。 再生では周波数や受信モードの変更、パスバンドチューニングまで行う事ができます。現地で受信記録しておけばご自宅でいつでもその時の受信状態を再現することができます。

スペクトラム表示

中心周波数に対して±450kHz 計900kHz幅のリアルタイムスペクトラムが高精細に描写され、帯域内の信号状況が把握できます。 

 

スペクトログラム表示(ウォーターフォール)

信号の強弱を色の変化で表します。縦軸が時系列で表示されますので、送信時間の短いモールス信号などの様な不連続な信号が一目でわかります。スペクトログラムの機能として、ウォーターフォールのコントラスト調整や、流れる速度の調整が可能です。

セカンダリ ウィンドウ

メインのスペクトラム画面上の一部が拡大されセカンダリウィンドウに表示されます。セカンダリ ウィンドウではパスバンドのチューニングが主な目的です。帯域幅はプリセット選択の他、周波数の上側下側それぞれをマウス操作による自由に調整することができます。さらにノッチフィルタやCWピークフィルタなどを使うことでチャンネル内での干渉除去に効果的です。

マーカー機能

最大8つのマーカーをスペクトラム上に自由に設定することができます。マーカー2~8はマーカー1との差分を表示することができるマーカーデルタ機能が可能です。マーカーで設定した周波数のレベルや時刻を記録することができるマーカーログ機能があり、logファイルとしてエクスポートすることができます。電波状況をテキストとして記録するのに最適です。

 

記録/再生機能

・パソコンのHDDへ記録 1分あたり約500MB
・記録ファイル自動分割 (約2GB単位)
・ループ再生

受信支援機能

・アッテネータ 0dB、10dB、20dB
・プリアンプ ON/OFF 値は接続受信機による
・AFC
・NB ノイズブランカ 【NBW】ワイド、【NBN】ナロー、スライダ調整
・AGC 【Fast】【Med】【Low】
・AGCスパイク除去 【spkRej】
・パスバンドチューン
・ノッチフィルタ
・オートノッチフィルタ
・CWピークフィルタ
・Sメータ表示
・スケルチ設定
・信号レベル単位切替(dBm/dBuV)・ディエンファシス設定 WFM時 50~300μsec

表示機能

・スパン 3.5~900kHz
・マーカー表示 最大8個
・デルタマーカー表示
・マーカーログ 最大8個分
・マーカーログインターバル選択 0.1/0.2/0.5/1.0/2.0/5.0 秒
・リファレンスレベル(dBm)設定
・スケール(dB/div)設定
・スペクトラムアベレージ機能
・スペクトラムMAXホールド/クリア/ポーズ
・ズーム表示
・ウォーターフォール表示 速度/コントラスト/輝度調整
・ウォーターフォール時刻ラベル表示
・日付時刻表示 (UTC表示)
・アンテナ切替 ANT1,2(アンテナ切替器AS5001は非対応)

対応受信機

別売I/Qデータ出力ボードを搭載したAR2300、AR5001D、AR6000

推奨パソコンスペック

OS:Windows7/8.1/10 64bit
CPU:Intel i7
メモリ:16GB
HDD:500GB~ I/Qデータ記録用
USBポート:3個~

受信モード

AM,SAM(SYNC AM),CW,RTTY,LSB,USB,FM,WFM

受信周波数範囲

接続した受信機の対応周波数範囲

1画面帯域表示幅

最大900kHz (±450kHz)

ライセンス形態

USBドングルによる認証

  • 特徴
  • 主な機能
  • 仕様
  • オプション
ページトップ