1. ホーム>
  2. 受信機>
  3. 製品一覧>
  4. 外部機器>
  5. イーサネット・コントローラ ARL2300

受信機Receivers

外部機器

イーサネット・コントローラ ARL2300

AR2300/AR5001D用イーサネット・コントローラ
イーサネット経由で受信機のリモート・コントロールが可能

商品コード:ARL2300
標準価格:60,000円+税

  • 特徴
  • 主な機能
  • 仕様
  • オプション

ARL2300は AR2300/AR5001D広帯域受信機をLAN回線を通じ遠隔操作を可能とする装置です。  通信傍受、電波監視など各種業務用アプリケーションを離れた場所で行うことが可能です。Java 2 プラットフォーム(バージョン 1.6 (Java SE 6 Runtime)以上)がインストールされた Windows PC (XP 以上)で遠隔操作が体験できるクライアントソフトが付属します。

ARL2300 の設定はLAN 環境下で、米アップル社のゼロ・コンフィギュレーションソフトBonjour を使用して、ウエブ・ブラウザーより設定ができます。

AR2300/AR5001D との接続は極めて簡単で、付属のコントロールケーブルとオーディオ用のケーブル、そして LAN 回線への接続だけです。 ARL2300 の電源は受信機本体より供給されます。遠隔地の設置環境によっては、PCを常時動作させる事が困難な場合でも、ARL2300 はその真価を発揮します。

ARL2300にはAR2300/AR5001D受信機を遠隔でコントロール可能な体験版のクライアントソフトが付属します。 ソフトウェア・インストーラーを使用しない構造となっていますので、PC 間の移動やソフトウェアの削除が簡単にできます。
 
クライアントソフトは実際に受信機やルーターの設定を行う前に、当社のサーバーへ接続頂き、実際に遠隔で当社の受信機を操作して頂けるソフトウェアです。 クライアントソフトを通じて遠隔受信を行う場合、クライアント側では特別な LAN 設定は不要です。

クライアントソフトは LAN 回線、G3 回線、WiFi 回線等を通じインタ ーネットに接続されている PC であれば直ぐに体験が出来ます。 
 
主な操作項目 
VFO 切り替え (A~E)および受信周波数 
ステップサイズ  
受信モード 
IF 帯域幅 
アッテネーター 
アンテナ 
スペクトラム表示幅 
伝送オーディオ帯域

クライアントソフトをスムーズに動作させる為には、Celeron M1GHz、512MB RAM、以上の PC でハードディスクは 1.5GB 以上の空き容量が必要です。 Windows XP SP3 以上の OS を推奨します。 
 
クライアントソフトは MAC 環境でも動作します。 MAC OSX 10.5 以降のIntel Core 2 Duo 以上搭載 Mac で動作確認済みです。

LAN

RJ-45 コネクタ、10BASE-T / 100BASE-TX 10/100Mbps (オートセンス)

Receiver 端子

D-sub 9 ピン コネクタ、AR2300/AR5001D 接続専用

Audio IN 端子

3.5mm モノラル ミニジャック、 AR2300/AR5001D オーディオ接続用

AUX 端子

D-sub 9 ピン コネクタ、RS-232C、付加装置等制御用外部出力

プロトコル

TCP(受信機制御) / UDP(音声伝達)

必要回線速度

ADSL 回線(上り) 1Mbps 以上 外部ネットワークよりルータを超えて直接アクセス時

搭載コントローラ

Cirrus Logic EP9307 CPU コア ARM920T (200MHz)

O/S

Linux (カーネル 2.6.x)

入力電源

DC5V の外部電源、AR2300/AR5001D 使用時は受信機より供給

消費電力

約 1.8W 消費電流  約 400mA

動作温度範囲

0 ~ 50℃ 

外形寸法(mm)

約 35  x 130  x 150  (突起物を含まず) 

重量

約 400g (付属品を含まず)

  • 特徴
  • 主な機能
  • 仕様
  • オプション
ページトップ