1. ホーム>
  2. 気象観測機器>
  3. ウェザーリンク・ソフトウェアがVer.6.0.4にバージョンアップしました

気象観測機器Weather

ニュースリリースnews

ウェザーリンク・ソフトウェアがVer.6.0.4にバージョンアップしました

WeatherLink Bulletin画面

デービス社のウェザーリンク・ソフトウェアfor WindowsがVer.6.0.4にバージョンアップしました。今回のマイナー・バージョン・アップでの変更点は以下のようにアナウンスされています。

●ヒートインデックス(熱指数)の計算テーブルを更新しました。熱指数は温度と相対湿度から体感温度を計算しますが、その計算式をより体感値に近いものにしました。
●Summery(要約)ウインドウでのET(蒸発散量)の表示を変更しました。
●ウェブ・ダウンロードの設定をする際にオーソリゼーション項目にDevice ID(DID)が追加されました。

また対応OSはWindows 7、8、10となっていますが、これはマイクロソフト社がVista以前のOSのサポートを終了したためと思われます。ウェザーリンク・ソフトウェアはWindows 7、8、10のOS固有の機能は使用していませんので、旧OSでも動作可能と思われますが、弊社では未だWindows XPやWindows Vistaでの動作確認が出来ておりませんので、Windows 7以降のOSの使用をお奨めします。(6.0.3まではWindows XPでも動作していました)

これまでウェザーリンクIP経由でWeatherLink.comにデータをアップロードして、そのデータを読み込む場合にはBulletin画面(現況気象)表示が出来ませんでしたが、データをアップロードしているデータロガーと読み込むPCが同一のネットワーク上にある場合に限り、6.0.4ではCommunication Port設定でTCP/IPを選択し、Local IDを選択した場合には表示が可能になっています。但し、ウェザーリンクUSBやウェザーリンク・シリアルに直接PCを繋いだ時のようにリアルタイム表示ではなく、直近にWeatherLink.comにアップロードされたデータを表示する仕様となっているようです。このページの画像は弊社屋上に設置したVantage Pro2からWeatherLink.comにアップロードしたデータをウェザーリンク・ソフトウェアで表示したものです。(この部分の仕様についてはデービス社から発表が無いため検証中です。)

ウェザーリンク・ソフトウェア6.0.4のアップデータは差分アップデータとなっており、以前のバージョンのウェザーリンク・ソフトウェアがインストールされていないとアップデートが出来ません。また現在デービス社から出荷されているパッケージ版のウェザーリンクUSBやウェザーリンク・シリアルにはウェザーリンク・ソフトウェア6.0.4が同梱され始めていますので、順次6.0.4版のウェザーリンクに置き換わる予定です。

アップデータのダウンロードはこちらから

尚、MacOS X版のウェザーリンク・ソフトウェアの最新バージョンは6.0.3です。

ページトップ