1. ホーム>
  2. 受信機>
  3. アップデートのお知らせ「AR-DV1 ファームウェア バージョン 1702D」

受信機Receivers

ニュースリリースnews

アップデートのお知らせ「AR-DV1 ファームウェア バージョン 1702D」

世界初のデジタルボイスレシーバーAR-DV1はファームウェアのアップデートにより、機能がどんどんアップしていくのが魅力の一つですが、2月20日付でファームウェアの最新版Ver.1702Dがアップされました。

今回のアップデートでは大阪など一部の都市のタクシー無線、列車無線などで使われている所謂"逆トーンスケルチ"(集中制御式トーン)機能が正式に実装されました。

またD-CRモード(デジタル簡易無線)でのユーザーコード表示にも対応しました。さらにメモリーチャンネルにおいて、D-STARモードが含まれている場合に、チャンネルを切り替えているにもかかわらず、D-STARの付随情報が残ってしまうバグを改修、SDカードに録音されたファイルを再生した際に約50秒毎に音声が途切れる症状も修正されています。

*** 注意! ******************************************
今回のアップデート作業では、チャンネル情報、バンク情報、その他の設定情報が消去されます。
設定内容を引き継ぎたい場合は、アップデートする前に、取扱説明書11.6.3. バックアップコピーの記載にしたがって、引き継ぎたい内容をSDカードにバックアップして、アップデート後にリストアしてください。
v1511B以前のバージョンのファームウェアで保存したバックアップファイルは、今回のアップデート後のリストアに使用できます。
(v1512A以降にアップデート後に保存したバックアップファイルは、より古いバージョンのファームウェアでリストアに使用できません)
*************************************************

次の機能を追加しました

  • アナログ逆トーンスケルチに対応。
    TONE/CODE SQLメニューにてRTNを選択し、CTCSSの項目でトーン周波数を指定します。(CI コマンド引数2で逆トーン指定)
  • D-CRモードが、UC(ユーザーコード)表示に対応。

 

次の事象を改善しました

  • SDカードへ録音されたファイルを再生した際に、約50秒ごとに音声が途切れてしまうことがあった。

 

ダウンロード: (725kB) ZIP

ページトップ