1. ホーム>
  2. 気象観測機器>
  3. 製品一覧>
  4. データ・ロガー&ソフトウェア>
  5. ウェザーリンクIP

気象観測機器Weather

データ・ロガー&ソフトウェア

ウェザーリンクIP

パソコンを使用せずに気象データを直接インターネットにアップロードできるデータロガーとソフトウェアのセットです。ウェブの達人でなくても大丈夫。WeatherLink IPが全ての作業をやってくれます。

商品コード:6555
標準価格:66,400円+税

  • 特徴
  • 主な機能
  • 仕様
  • オプション

デービス社の気象観測装置からのデータをLAN経由で閲覧したり、観測データをPCを介さずに簡単に”ウェザーリンク・ドット・コム”クラウド・サービスのホームページ上へアップ出来るスマートなIP接続装置がウェザーリンクIPです。 ヴァンテージプロ ・シリーズ、ヴァンテージ・ヴューのコンソールへ接続し、LANケーブルをつなぐだけです。

PCだけでなく、無料のiPhone、Androidアプリをインストールすることでスマートフォンやタブレットでのデータの確認やメール配信機能を使ったアラート機能等を備えています。クラウドサーバー上のデータは最長2年間蓄積が可能です。

※ご使用にはインターネット接続環境が必要です。
※ウェザーリンクIPにはクラウドサーバーWeatherLink.comの使用権が含まれます。WeatherLink.comのアカウントを取得してデバイスID、パスワード等の設定を行えば、すぐにデータをアップロードして活用することが可能です。

気象観測拠点に設置したデービス社ヴァンテージ ウェザーステーションの気象データをインターネットを通じて管理拠点のパソコンで自動的に収集し、使用することができます。 専門的なネットワークの設定やサーバーコンピュータの設置は不要です。 管理拠点のパソコンは24時間稼働が必須ではなく、条件にもよりますが間欠運用も可能です。インターネット接続は、常時接続型回線(ADSL回線、光回線などブロードバンドルーター使用)のほか、携帯電話会社 等のモバイル回線(モバイルルーター等使用、定額制データ通信契約など)が利用できる場合もあります。(モバイル回線を利用したVantage Connectシステムが国内でも発売されました)

デービス社ヴァンテージ ウェザーステーションのコンソールにWeatherLink IPデータロガーを取り付けてインターネットに接続します。  デービス社による気象データ公開サイトであるウェザーリンク・ドット・コム(WeatherLink.com)は、インターネットを通じて、
ウェザーリンク アイピーを個々に認識します。 アイピー データロガーは、ウェザーリンク・ドット・コ ムに、気象データを自動的にアップロードします。 気象観測拠点(アイピー データロガー)ごとにウェザー リンク・ドット・コムのアカウントを作成することにより、 その気象データを公開するかどうかを設定できます

これにより、複数のウェザーステーションの気象データを管理拠点のパソコンで自動的に収集し、使用することが できます。 管理拠点のパソコンでは、ウェザーリンク ソフトウェア によって各気象観測拠点の気象データの閲覧(一覧表示、 グラフ表示)とエクスポート(タブ区切りテキスト形式などファイル書き出し)が可能です。

 

ネットワークインターフェース

10Base-T 半二重

コネクター

RJ45 モジュラーコネクター

通信方式(プロトコル)

ARP、UDP、TCP、ICMP、TFTP、DHCP、HTTP

IPアドレス設定

動的割当(DHCP)、または手動割当による固定IPアドレス設定

電源

5V DC(コンソールより供給) 消費電力最大0.5W

動作温度

-10℃~+60℃

コンソールとの通信ボーレート

19200bps シリアル

  • 特徴
  • 主な機能
  • 仕様
  • オプション

その他機能

ウェザーリンクIPのデータロガーはコンソール表示器に取り付けます

デービス社のWeatherLink.comで現在のデータを見ることができます

ページトップ